TOP

十五夜(中秋の名月)の楽しみ方

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


あなたのご家庭では、十五夜にどんなものを用意したり、飾ったりしますか。

十五夜といえば、十五夜を楽しむためのアイテムや雰囲気作りは、欠かすことはできませんよね。

十五夜は、一年の中で数あるイベントの一つです。十五夜(中秋の名月)の疑問や楽しみ方を、ご紹介しますので、十五夜の楽しみ方を参考にされて、秋の夜長を存分に楽しまれてくださいね。

<十五夜の楽しみ方>
―月見団子はいくつ必要?―
月見団子は、穀物の収穫に感謝し、米を粉にして丸めて月に見立てて作ったものが、始まりのようです。

月見団子の数は、その年に出た満月の数を数えるので12個(閏年は13個)という説と、十五夜だから15個(十三夜は13個)という説があります。

―団子の他に供えるものは?―
十五夜(中秋の名月)は、別名「芋名月」とも呼ばれていて、里芋をはじめ芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつま芋などを供えます。

また地域によつては、収穫された野菜やブドウのツルを供えるところもあるようです。ブドウのツルには、月と人の繋がりを強くするという意味があり、縁起物のようですよ。

供えたものについては下げて、秋の恵みをいただきましょう。神様に捧げたものをいただくことは、神様との繋がりを強くするという意味があるようですよ。

<なぜ、十五夜に薄(すすき)を飾るの?>
薄は、神様の依り代と考えられています。十五夜は、稲穂が実る前ですので、稲穂に見立てて薄を飾ります。

薄の切り口は、魔除けになるとされています。一部の地域では、お月見後につるしておくところもあるようです。

―月見台を用意しましょう!―
即席の月見台を用意して、十五夜を楽しんでみませんか。窓から月が見えるようであれば窓辺に、ベランダや庭があるのであれば、テーブルを置いてみるのも良いでしょう。

また、出窓があるのであれば、出窓の張り出し部分を利用すると、良いのではないでしょうか。

<月を眺めながら月見酒はいかがですか?>
美しい月を眺めると、ついうっとりとした気分になるのは、私だけでしょうか。月を眺めながら、月見の宴で月見酒を飲むのもなかなか風情があり、乙なものです。

また、外で月を愛でながら、食事をするのも良いでしょう。月明かりを楽しみつつ、ロマンチックなムードを作るには、蝋燭やランタンなどの小物を用意すると、より十五夜の夜を楽しめるのではないでしょうか。

四季がある日本ならではの楽しみ方ができるのは、日本人の特権ですので、十五夜アイテムを用いたり雰囲気を作りながら、五感で存分に楽しみましょう!

.

最終更新日:2017-09-10 07:18

コメント (0)