TOP

スポンサーKataribe

衣替え収納方法のポイント

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

衣替えのタイミングや収納方法など、迷うことありませんか。衣替えは手間の掛かる作業ですので、簡単に済ませたいものですよね。衣替えの収納方法を、分かりやすくワンポイントアドバイスしますね。

<衣替えの時期>

衣替えといえば、6月1日と10月1日ですよね。移行期間があったりしますので、学生やサラリーマンが夏服や冬服になる姿を見かけると、季節の移り変わりを感じますよね。この衣替えは、寒暖の差に関係なく行うのは、日本独特のものなんですよ。

 衣替えシーズンとなっても、衣類の判断に困ることはありませんか。半袖と長袖の分かれ目となる温度は、最高気温が20℃~22℃、15℃を下回ったら完全に冬物にすると、衣類の選択に失敗することがありませんので、参考にされてくださいね。

<衣類の汚れを落としましょう!>

衣替えの時には、汚れがないかチエックしましょう。汚れがある場合には、衣類が傷まないように、衣類に合った洗い方が何よりも大切です。そして、汚れが落ちないときには、クリーニングを上手に使いましょうね。

<衣替えの収納ポイント>

収納時は、「虫対策」が最大のポイントです。綺麗に見える衣類も、食べ残しや垢などがあると、虫のターゲットになります。収納時には、汚れをしっかり落として、防虫対策をしましょう!

 また、湿気はシミや黄ばみの原因になりますので、除湿にも心掛けるようにしたいものですね。

<衣替えは晴れた日に!>

収納をするときには、収納容器にできるだけ湿気を封印しないようにするのも、大事になります。「晴天で湿気の少ない日」を選んで、衣服の入れ替えを行いましょう。

<収納容器>

収納容器は、虫の侵入を防ぐプラスチック容器をお勧めします。ただし、革製品はカビやすいため、不織布をかけてハンガーに吊るすのが便利です。

<収納方法>

防虫剤や除湿剤に頼るだけでなく、下記のように衣類の入れ方にも、ひと工夫をしてみましょう!

・容器や引き出しの大きさに合わせて、衣類を縦収納してみましょう。
・衣類のシワ防止のため、容器の9割以下になるように心がけてみてくださいね。

<その他>

収納容器は、直射日光を避けて、風通しのいい場所を選びましょうね。また、防虫剤を使うときは、防虫剤の成分が容器やクローゼット全体に行き渡るように、容器やクローゼットの上部に置くように心がけてみてくださいね。

 衣替えを機に、暫く着ていない衣服を処分するのも、衣替えの作業の一つです。入れ替えは、時短を意識すると、作業にメリハリが出てきますよ。

.

最終更新日:2017-05-23 06:42

コメント (0)