TOP

スポンサー健康ネット

生甘酒は、日本古来の酵素ドリンクです!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

今、空前の「酵素ドリンク」ブームですよね。健康維持のために、市販の酵素ドリンクを、飲んでいらつしゃる方も多いことと思います。あなたは酵素ドリンクが、どのようなものなのか、ご存知ですか。

酵素ドリンクとは、野菜,果物や野草などを、酵母菌の働きを借りて、発酵させてたエキスを使ってできたドリンクを、一般的に指します。

<酵素ドリンクは、江戸時代からあった!?>
酵素ドリンクの存在を、酵素ドリンクブームになってから、知った方もいらっしゃるかと思いますが、酵素ドリンクは江戸時代から、栄養満点のドリンクとして、庶民に好まれていたのです。そのドリンクは、冬の季節になるとお目見えすることが多い、「生甘酒」です。生甘酒とは、麹菌を使った甘酒のことをいいます。

生甘酒は本来、夏の暑さで食欲が減退し、エネルギーや栄養が不足した時に飲むと、非常に効果的だといわれています。更に、「点滴と同じ効果がある」と、大注目の酵素ドリンクなのですよ!

<生甘酒の酵素パワー>
生甘酒に使われている麹菌は、白カビの一種です。麹菌は、最も安全な菌の一つで、米や麦に発酵(繁殖)する際に生み出す酵素が、生甘酒の旨味を引き出してくれるのです。

麹菌は、30℃前後の温度で湿度が一定だと、最も発酵しやすいといわれています。麹菌は発酵する際に、ビタミンB1をはじめとするビタミン類を、麹に蓄積させたり、100種類以上の酵素を出します。だから、麹を使った生甘酒は、強力な酵素パワーを持った、酵素ドリンクなのです!まさに、日本が生み出した、スーパー酵素ドリンクですね。

<生甘酒はジャパニーズ・ヨーグルト!?>
生甘酒に含まれる麹には、食物繊維とオリゴ糖が含まれています。生甘酒を飲んだ時に、この2種類の要素が働いてくれることによって、体の腸内環境を整えてくれて、便秘や肌荒れの予防と改善に、効果を発揮してくれるのです。生甘酒は、別名「ジャパニーズ・ヨーグルト」とも呼ばれて、日本人に好まれ続けている酵素ドリンクなのです。

最近は、酵素ドリンクブームで、生甘酒の良さが見直されつつあります。生甘酒は、冬の寒い時期だけではなく、夏は疲れた体を癒すために、氷を浮かべて飲んでみましょう!また、生甘酒は、生姜を浮かべて飲むのが一般的ですが、牛乳,レモンやゆずなどの柑橘系の果物で割って飲むと、生甘酒の風味や甘味が苦手な方でも、飲みやすくなりますよ。

日本が生み出したスーパー酵素ドリンクを、是非とも一年中飲んで頂き、美容と健康に自信が持てる体を、あなたも手に入れましょう!

.

最終更新日:2016-01-02 16:45

コメント (0)