TOP

133円で超格安な鉄道旅行を楽しむ方法とは?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


旅行の楽しみ方は人それぞれで、何に重きを置くかによって、旅行プランが変わってきますよね。今回は1都6県を、超格安で鉄道の旅が楽しめてしまう方法を、ご紹介しますね。

鉄道ファンに人気の旅行「大回りの旅」を、あなたはご存じですか。大回りの旅は、JRの初乗り運賃であるたった140円(ICカードの場合133円)で、1都6県が旅行できてしまうのです。

この切符だけで、いろんな所に行けて、たった133円で楽しめる「大回り」って、魅力的だと思いませんか?

大回りとは、JRの切符に関するルール「実際に乗る経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃が適用される」というもの。東京・大阪など、大都市近郊区間で適用されるこの規定を、楽しく旅行へ応用したものが「大回りの旅」です。

例えば、山手線で渋谷駅から隣の恵比寿まで行くのに、1駅分乗っても、逆回りで28駅分乗っても、同じ運賃(切符だと140円,Suicaだと133円)です。

この仕組みを利用して、初乗り運賃だけで、関東中を大きな一筆書きで旅をするのが「大回りの旅」なのです。これを使えば133円だけで、1都6県だって回ることができる、超格安な鉄道旅行と言えますよね。

この大回りは、一筆書きのルートでないと成立しません。同じ駅を2回以上通ったら、アウト。通常料金を払うことになります。実施する前に、路線図で一筆書きになっているか、注意深く確認しましょう!

大回りは、改札を出ずに乗車だけを楽しむコアな旅として、鉄道ファンたちに人気なのです。車窓を見るだけでも、癒されたり、たくさんの発見があったりと、意外と楽しめるので、鉄道ファンのみならず、安価で旅行を楽しみたい方には、お勧めしたい旅行です。

<大回りならではの楽しみ方>
―食事―
大回り中は、改札を出ることができないので、食事のタイミングや方法は、しっかり計画することをお勧めします。

コンビニはもちろん、ホームにある立ち食いそば屋を利用するのもいいでしょう。近年は、駅構内にレストランがあり、食事ができる駅もあります。

エキナカが充実し、改札を出なくてもグルメが堪能できることも、旅の醍醐味です。

―景色―
都心を離れると、癒しの景色が広がりますよね。都心を離れると、海や山などのきれいな景色が楽しめますので、思わずスマホで写真を撮りたくなるはずです!

都心の大回りは、田園風景や海や山、都心に帰ってくれば高層ビル群と、関東の景観の移り変わりをダイナミックに感じることができます。

忙しくて遠くに旅行に行けないという人でも、関東ならではの癒しの車窓を、堪能してみてはいかがでしょうか。

.

最終更新日:2018-03-07 18:51

コメント (0)