TOP

端午の節句は準備から楽しもう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

 
 一般的に「こどもの日」といわれている端午の節句は、男の子の健やかな成長と立身出世を願う行事ですが、由来や準備の仕方をご存知でしょうか。
<端午の節句は、中国から伝わったもの!?>
 端午の節句は、日本古来のものと思われていますが、中国から伝わり日本に定着したものです。古代中国では、5月は邪気や悪霊を祓うために、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲湯に入ったりする習慣があったようです。

  日本では平安時代に貴族の間で、人日,上巳,端午,七夕,重陽という五つの節句があり、季節の節目に身の汚れ祓う大切な行事がありました。鎌倉時代になるとこの端午の節句が、宮中から武家社会へと広がったのが始まりです。武士は菖蒲を「尚武」とかけて、盛んに端午の節句を祝うようになったようです。

<端午の節句に鯉のぼりや鎧兜を準備するのはなぜ?>
 江戸時代に入ると、武家社会から庶民にも端午の節句が広まりました。幟は武士のシンボルであるため、庶民は幟の代わりに鯉のぼりをあげ、紙の兜や人形を飾るようになりました。

 鯉のぼりは「鯉の滝登り」という言葉から、「成功して名を挙げる」すなわち立身出世を表します。鯉は出世魚とされて、子供の立身出世の象徴とされました。また鎧兜は、古くから命を守る象徴とされ、事故や病気から子供を守るという願いを込めて飾ります。

<端午の節句飾りは、兄弟それぞれ用意が必要?>
 端午の節句飾りは、初節句を迎えた男の子自身を守るため、子供一人に付き一つの節句飾りという考え方です。とはいえ、昨今の住宅事情から、兜をいくつも用意することが難しいのが現状です。近年、上の子は兜にして下の子は五月人形にするなど、兄弟で違うものを用意することが多いようですよ。

<節句飾りはいつから準備するの?>
 節句飾りの準備は、地域によって違いはあるようですが、一般的に春のお彼岸が終わってから準備します。ただし、前日に慌てて準備すると、一夜飾りといって縁起が良くないですので、遅くとも一週間前までには準備しましょう!

<お祝い善には、柏餅を準備しよう!>
 端午の節句のお祝いご膳は、ひな祭りご膳とは違い決まったメニューは存在しないのです。中国伝来のちまきや柏餅を食べるのが、良いとされています。柏餅に使われている柏の葉は、新芽が出ない限り古い葉が落ちることがないことから、家系が絶えないことの象徴とされていて、縁起物です。是非、お膳には柏餅を準備しましょう!

 端午の節句は、昔も今も変わらない子供への思いが込められています。日本古来の節句を知ることで、あなたの「端午の節句」に対する準備の仕方や、心構えが違ってくるはずですよ!

.

最終更新日:2017-05-05 10:16

コメント (0)