TOP

LEDが生んだイルミネーション業界の課題とは?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

イルミネーションが、全国各地で瞬いていますが、あなたがお住まいの地域はいかがでしょうか。

近年、LED電球の普及と共に、イルミネーションは華やかさを増してきていますよね。

クリスマスシーズンになると、住宅街がイルミネーションに彩られて、華やかな住宅街に早変わりしますが、イルミネーションの課題もあるようです。

<イルミネーションは、クリスマスシーズンだけではない!?>
イルミネーションといえば、クリスマスのときに使用する電球を連想します。昨今イルミネーションが、冬以外にも使われることが珍しくなくなったように感じるのは、私だけでしょうか。

イルミネーションは、年々華やかさが増し、大規模な集客に繋がることから、冬以外にも展示されることが、珍しくなくなりました。

ある新聞の記事では、イルミネーション関連市場は、拡大し成長を続けているといいます。その反面、課題もあるといいます。

<イルミネーションの二期作!?>
イルミネーションで有名なスポットは、神戸ルミナリエ,東京ミレナリオ,仙台の光のページェントなどは、かつてクリスマスシーズンになると、期間限定で街頭に登場していたのも、記憶に新しところです。

近年、イルミネーションの使い方といえば、クリスマスイルミネーションのほかに、ハウステンボス,大阪城,などの観光地や、テーマパークなどでは、ウインターイルミネーションとして、年明け以降も点灯されています。

また、夏にイルミネーションを利用し、集客に一役買っている施設も、見受けられるようになりましたよね。
<イルミネーションとLEDとの関係>
LED電球の購入額は、従来の白熱球に比べて、5倍程高いといわれていますが、熱を発しないため、環境に優しく、風雨にさらされても耐久性に優れています。

LED電球は、一度購入すると数年持つことから、イルミネーションによって集客できれば、収益は年々上昇する利点があります。

<イルミネーションと課題>
近年のイルミネーションには、音,光,映像などが加わります。イルミネーションは、技術の進歩に加えて、お客のニーズに応えることが必要なため、専門家育成が急務です。

また、イルミネーションを樹木に取り付けている場合、樹木や生態系への影響などを心配するする声が、環境保護団体から寄せられています。

季節を問わず、私たちの目を楽しませてくれるイルミネーションですが、経済効果の陰には、反対者がいたり、就労者問題などが潜んでいるといえそうです。

LED電球と共に急成長してきたイルミネーションは、様々な問題を解決しながら、更なる発展を遂げるのではないでしょうか。今後の展望に、大いに期待したいところです。

.

最終更新日:2017-11-29 22:25

コメント (0)