TOP

スポンサーKataribe

自家製バターを作ってみました! 生クリームがあればバターは作れる!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


近年バター不足で、品薄状態が続いていますが、自宅にあるものと生クリームを使って、自家製バターが作れるのです。

自家製バターが作れると、新鮮なバターを口にすることができますし、自分で作ったため、何を入れたのかがはっきり分かりますので、安心ですよね。

添加物を入れていない分、冷蔵庫での保存期間は数日ですが、塩分調整が可能ですし、干しぶどう,パセリ,ニンニクなどを刻んで、味を変えることも可能です。

あなた流のアレンジを加えれば、バリエ-ションは無限大です。是非チャレンジしてみてくださいね!

自家製バターの作り方は、至って簡単です。ボウルに冷やした生クリームを入れ、泡立て器を使って、ひたすらかき混ぜるだけです。

お手元にハンドミキサーがあれば、ハンドミキサーを使うとあっという間ですので、工夫してみてくださいね。
<用意するもの>
・生クリーム 200cc(動物性で乳脂肪分のもの。今回は、47%の物を使用)
・塩 ひとつまみ
・ボウル
・泡立て器またはハンドミキサー
・ゴムべら
・キッチンペーパー
<作り方>
1 ボウルに生クリームを入れ、ひたすら泡立て器または、ハンドミキサーで泡立てます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


2 泡立てた生クリームは、混ぜ始めて7~10前後、固形物と液体物に分離します。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


3 混ぜていくうちに、固形物が黄色に変化したら、キッチンペーパーで水分を取り、液体と固定物に分けます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


4 ゴムべらに持ち替えて、固体物に塩をひとつまみ入れ混ぜ、水分をキッチンペーパーで拭き取ったら完成です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


<ポイント>
・乳脂肪分が高ければ高い程、簡単かつ楽にバターが作れます。
・生クリームは、冷やしたものを使うと、簡単に泡立てることが可能です。味の変化や使う道具の工夫をして、楽しく美味しい自家製バターを作ってみてください。

今回は、泡だて器を使い、人力で自家製バターを作りましたが、ハンドミキサーやフードプロセッサーを使えば、数分で簡単に自家製バターが作れてしまいます。

お子さんと一緒に作業すると楽しいですし、夏休みの自由研究の題材としても、非常に良い題材です。是非、自家製フレッシュバターに挑戦してみてください!

.

最終更新日:2017-10-25 21:10

コメント (0)