TOP

スポンサーKataribe

なぜハロウィンでかぼちゃを使うの? 提灯お化けの由来とは!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ハロウィンといえば、仮装して街を練り歩いたり、自宅にかぼちゃを飾りパーティーを行う家庭が増え、日本でのハロウィンの知名度は、ここ数年で飛躍的に上がっていますよね。

日本では、秋の風物詩の一つになりつつあるハロウィンですが、ハロウィンにかぼちゃを飾る理由や仮装の由来などを、ご存じでしょうか。

<なぜ、ハロウィンにかぼちゃなの?>
ハロウィンの発祥は、古代ケルト人(アイルランドを中心とする国々の人)といわれ、ケルト人の宗教的な行事「万聖節」となっています。

万聖節の前夜に行っていた、収穫を祝い悪魔を祓うイベントが、Halloweenになったと、言われてるのです。ケルト人は、かぶや大根の中をくり抜いてランタンを作り、悪魔除けとして飾っていたのがハロウィンランタンの始まりです。

ハロウィンが、移民と共にアメリカに伝わると、アメリカでは馴染みのない「かぶ」に変わり、沢山収穫されていた、かぼちゃが使われるようになったのです。

かぼちゃはランタンに加工する際に扱いやすかったことから、ランタンによく使われるようになり、ランタンかぼちゃが一気に広がりました。

後にハロウィンは、悪魔を祓うイベントを、アメリカの子どもが大変怖がったため、子どもも楽しめる行事に変化していきました。

アメリカ式のハロウィンが、世界中に広がり、ハロウィンといえば「かぼちゃ」「子供が楽しめる行事」という認識が、人々に根付いたといわれています。

<ハロウィンかぼちゃの提灯お化け「ジャック・オー・ランタン」の意味とは?>
その昔アイルランドには、酒好きで乱暴者のジャックという男がいました。ハロウィンの夜、ジャックは悪魔に魂を奪われそうになりますが、悪魔を巧みに騙して、自分の魂を取らないように約束をさせます。

時が過ぎ、年老いて死んでしまったジャックは、地獄へ向かいました。地獄の入り口には、昔騙したあの悪魔が立っており、ジャックを追い払ってしまいました。

天国にも地獄にも行けないジャックは、悪魔に頼んで分けて貰った地獄の火を近くにあった、かぶをくり抜いて作ったランタンに灯し、この世とあの世を彷徨い歩くようになったという、アイルランドの伝説があります。

ランタンを持っているお化けの男を、「ジャック・オー・ランタン」といいます。ジャックが持っていたランタンが、いつしか「魔除けの火」として伝わり、ハロウィンに飾られるようになったのです。

ハロウィンが、間近かですね。かぼちゃのランタンを灯しながら、収穫を祝いハロウィンを楽しみましょう!

.

最終更新日:2017-10-23 13:26

コメント (0)