TOP

卒業祝は人生の宝物です!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


3月は、別れとで出会いの季節で、卒業・就職などの人生の節目の季節でもあります。それに伴い、卒業祝い・就職祝いを授受することが増えるシーズンですよね。

私が、中学校を卒業するときにいただいた卒業のお祝いで、今でも心の奥深くに刻まれてるものが一つあります。

それは、中学校の担任の先生が、生徒一人一人にあてた、お祝いのメッセージです。

当時のクラスの生徒数は40名でしたので、今となれば一人一人に餞の言葉を用意するのは、並大抵のことではなかったことは、容易に想像できます。

私にいただいた言葉は、「出会いを大切に」という内容の言葉でした。

「出会いを大切に」という言葉の奥には、「全ての出会いは、偶然ではなく、必然である」「出会いによって、成長させてもらえる」という意味が込められているのではないかと最近感じます。

一人一人の成長過程に、多くの人が関わり多くの出会いがあります。感情を持った人間ですので、自分と合う合わないが必ず乗じますよね。あなたは、どのように感じるでしょうか。

自分と気の合う仲間や、お気に入りの居場所に居座り続けていると、居心地は良いですが、「成長」という意味では、学びがないように感じます。

自分と考えが違う人や、相性が合わない相手こそ、人間的に成長させてくる要素を併せ持っているのではないでしょうか。

だからこそ、「どんな出会いも大切にしなくてはいけない」と感じるのは、当時15歳という私が成長した証なのかとしみじみ思う瞬間です。

中学校の卒業祝いでいただいた言葉は、「人生の大きな節目の大切な宝物」として、今でも心の奥深くに刻み込まれています。

毎年、卒業シーズンになると、人生経験豊かな担任に巡り会えたことに感謝しつつ、いただいた「人生の宝物」に対するありがたみを、実感する時期となっています。

あなたには、どんな思い出の卒業祝いがありますか?

.

最終更新日:2018-03-28 21:26

コメント (0)