TOP

鰹を食べて疲労回復を目指そう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


鰹は最速で泳ぐ魚で、古くから滋養強壮に最適な食べ物として、人々に愛されてきた食材です。最近の研究では、鰹に含まれている栄養成分が、非常に注目されています。

鰹は、最速で泳ぐ魚であると共に、寝ている間も泳ぐことも知られていますよね。まさに、疲れ知らずのタフな魚ですよね。

<鰹に含まれる栄養成分>
鰹は、秋に南下してくる脂ののった、戻り鰹が人気で、良質のタンパク質が豊富です。

また、ビタミンB1 ,ビタミンB6 ,ビタミンB12 ,鉄分,ミネラを豊富に含んでいます。ビタミンB群は、タンパク質や糖質,脂質などを、エネルギーに変える大切な栄養素です。

この他にも、血行を良くするEPAや脳の活性に欠かせないDHA,血中のコレステロールを低下させる、タウリンが含まれています。

―疲労回復に役立つ成分―
カツオに含まれるアミノ酸の一種、「アンセリン」という栄養成分に、疲労回復効果があることが報告されています。

このアンセリンは、鮭,まぐろのような運動能力の高い魚の筋肉中に、分布していることも分かってきました。更に、アンセリンには、抗酸化作用があり、活性酵素を除去する働きが分かっています。

疲労回復や、抗酸化作用に効果が期待できる食品を、手軽に摂取して、若々しく体を保ちたいものですね。

<鰹だしでも効果あり!?>
いくら健康維持に良いものであっても、毎日食べ続けることは不可能ですし、栄養面での偏りが心配されますよね。

そこで鰹だしを使って、みそ汁を作ったり、煮物を作ったりしてみてはいかがでしょうか。鰹だしを使うことにより、みそ汁や煮物の風味付けや、旨味を加える効果、更には減塩効果が期待できますので、使わない手はありませんよね。

だしを取るのが大変な方には、おひたしに鰹節をかけるだけでも、同様の効果があります。

疲労回復には、バランスの取れた食事を摂取したり、十分な睡眠が必要です。鰹は疲労回復を助ける食品の一つとして、積極的に取り入れていただくと、より効果的に体力の回復に功を奏すのではないでしょうか。

秋に旬を迎える戻り鰹は、体にメリットがいっぱいの食材です。鰹から摂取できる栄養素を、意識しながら健康維持に努めていきたいですね。

.

最終更新日:2017-09-02 07:11

コメント (0)