TOP

スポンサー健康ネット

沖縄らしい旬の体験をしよう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


 亜熱帯気候と美しい海に囲まれた、人気のリゾート地「沖縄」。19世紀まで「琉球王国」だった沖縄の文化や伝統は、非常に独特です。日本にいながら、異国情緒を経験できる沖縄で、マリンスポーツや沖縄料理を楽しむのも、素敵な過ごし方ですね。
 せっかく足を延ばして沖縄に来たのであれば、沖縄らしい旬の体験をして、思い出作りをしてみませんか。沖縄には、気軽に楽しめる体験教室が、行われているのですよ。一緒に行った仲間や親子、みんなで楽しめるのが、体験教室の良さです。三線やシーサー作りなど、沖縄ならではのものが、そこには沢山ありますよ!中でもお勧めは、「サトウキビ刈り取り体験」です。沖縄といえば、良質な黒糖が取れることでも有名ですね。古来より沖縄で生産され、沖縄の人々の食文化を支えてきた黒糖。サトウキビ刈り取り体験を通して、沖縄の良さを体感されてみてくださいね!
<砂糖の種類を説明できますか>
 砂糖と一口にいっても、色々な種類がありますが、あなたは説明ができますか。砂糖は大きく分けて、2種類に分類されます。スーパーで見かけるあなたもよくご存じの、グラニュー糖,上白糖,三温糖は、工場で作られるのが一般的で、結晶を取り出して製品化しているので、「分蜜糖」と呼ばれています。これに対して、サトウキビから絞り煮詰めて作る、沖縄伝統の黒糖や、和菓子で使われる和三盆は、「含蜜糖」と呼ばれています。
<サトウキビに旬があった!?> 
 沖縄で育った人にとって、サトウキビ畑の音は一番懐かしくて、沖縄らしい音といわれています。南国の太陽を浴びて、3メートル程に成長したサトウキビは、12月~3月が収穫期です。サトウキビが揺れる音には、3種類の音の違いがあるのですよ。静かな風邪でサトウキビが揺れる時の音は「ざわざわ」、風邪が強い時は「ざあー」まるで雨が降っているかのような音、風邪がサトウキビを揺らす音とは別に、「ざっざっ」と聞こえてくるのは刈り取りの音、刈り取り体験では音の違いを聞き分けるのも、楽しい体験の一つですね。是非、音の違いを聞き分けてみてくださいね!
 サトウキビの収穫期を、ご存知ですか。サトウキビは刈り取り後、そのまま放置しておくと、品質が低下する性質があるため、収穫後はすぐに製糖します。収穫期に作られた黒糖が、旬の黒糖なのです。旬の黒糖を味わうのも、沖縄での旅の醍醐味ですね。旬の黒糖ができるまでの一連の流れを、垣間見ることのできる体験教室もあります。沖縄での貴重な経験と旬の体験は、あなたにとって一生の財産です。沖縄らしいいつまでも心に残る体験を、存分に楽しまれてくださいね!

.

最終更新日:2016-01-04 03:03

コメント (0)