TOP

スポンサーKataribe

五月人形の基礎知識を知ろう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

  五月人形は、男の子の誕生を祝うとともに、無事に成長し、強く逞しく、賢い大人になるように願いを込めて、端午の節句に飾る人形です。

 初節句に五月人形を購入する際の基礎知識や、押さえておきたいポイントをご紹介しますので、参考にされてみてくださいね。

<五月人形を購入する際に確認しょう!>
 五月人形を購入する際に確認することは、飾る芭蕉と収納スペースです。この大きさによって、人形の種類や大きさが決まりますので、採寸してからお店に行きましょう。

<五月人形の種類>
 五月人形は、大きく分けて「鎧飾り」「兜飾り」「武者人形」「童人形」の四つに分けられます。

・鎧飾り
 鎧飾りは、本格的な五月飾りを求める方にお勧めです。見栄えが良いというメリットがありますが、収納と飾るスペースを必要としますので、スペースに余裕がないと購入できないというデメリットがあります。

・兜飾り
 五月人形の中で、最もシンプルタイプです。兜を中心に、両脇に弓と太刀を添えた飾りです。シンプルですので、飽きがなくスペースを取らないというメリットがありますが、ボリュームがないため、華やかさを求める方には不向きなタイプです。

・武者人形
 武者人形は、歴史上活躍した武将や金太郎のような伝説の人物をモデルとしています。最近は、上杉謙信や徳川家康などの武将をモデルとしたものが、人気を博しているようです。

・童人形
 童人形は、鎧飾りや兜飾りと一緒に飾るのが一般的です。しかし昨今の住宅事情から、次男以降の男の子のために用意することが多いようです。

<五月人形を飾る場所>
 五月人形を飾る場所は、直射日光の当たる場所を避け、エアコンや暖房などで急激な温度変化が生じる場所は避けましょう。これらの要因は、五月人形を傷める原因となります。購入した人形を長く使うためのポイントですので、ベストポジションで飾りましょう!

<五月人形を飾る時期>
 五月人形は、春分の日から4月中旬頃に飾りはじめ、遅くとも5月中旬までに仕舞うようにします。また、天候の良い日を選びましょう。

<収納場所>
 五月人形の収納場所は、直射日光や湿気を避けて収納しましょう。クローゼットやタンスの上などを選ぶと良いですよ。五月人形は高級品ですので、収納場所を選んで大切に保管したいですね。

 五月人形についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。4月を過ぎると五月人形の種類が減り、現品限りというお店が増えてきます。

 また、交渉次第では価格を安くしてもらえることもありますので、良いものを永く愛用し飾るためには、早めの準備をお勧めします!

.

最終更新日:2017-05-06 12:21

コメント (0)