TOP

スポンサーKataribe

暖房器具による肌荒れは、未然に防ぎましょう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

 あなたは、暖房器具を使う際に、皮膚の乾燥による肌荒れを、考えたことがありますか。
朝、目が覚めても布団からなかなか抜け出せないのは、厳しく冷え込むシーズンのお決まりのパターンですよね。あなたにも、こんな経験があることと思います。 
 外気温に限らず、室内の温度が下がる冬は、エアコン,こたつやホットカーペットなどは、暖かさが心地よく、一度使ったら手放せないアイテムです。心地よい暖房器具は、使う際に気をつけなくてはいけないのが、皮膚の乾燥による肌荒れです。
 冬は、夏と違って、発汗や皮脂の分泌力が低下するため、乾燥しやすい季節です。ここに暖房による乾燥が加わると、皮膚が乾燥して、粉をふいたり湿疹やかゆみを引き起こして、肌荒れの原因にもなります。
 冬の寒さを乗り切るには、暖房の存在は欠かせません。上手に暖房器具を使いながら、肌荒れを防ぎ、みずみずしい肌を保ちたいものです。

<暖房によって肌荒れをおこす理由>
 暖房器具の中で、一般的に使われるのが、エアコンです。エアコンは、暖かい空気を送り出して、室内を暖めます。冬の風物詩ともいうべき、洗濯物の部屋干しは、暖かい風にさらされると、洗濯物がよく乾きますよね。皮膚の乾燥すなわち肌荒れは、この原理で私達の体から水分を奪うことで、起こるのです。

<暖房器具を上手に使って、肌荒れを防ごう!>
 最近の暖房器具は、様々な機能が付いていますので、使う人によって調節が可能です。暖房による肌荒れを防ぐには、次のことに気をつけると、乾燥知らずの快適な冬を過ごせますので、お試しくださいね。

―肌荒れを防ぐために、温度や時間など細かく設定しましょう!―
 エアコンの機能は、年々高性能化しています。設定温度やタイマー機能を上手に使って、細かい設定をしましょう。エアコンや電気毛布など、電源を入れたら付けっぱなしにするのではなく、就寝時にはタイマー機能を使って、切る時間を設けると、肌荒れを防ぐことができますよ。

―加湿を取り入れて、肌荒れを防ぎましょう!―
  暖房器具を使う際に、加湿器や加湿機能を使うと、肌荒れを防ぐことができますし、湿度の上昇と共に、体感温度が上昇するメリットも得られますので、お試しくださいね。
 加湿器や加湿機能がない場合には、観葉植物を置いてみるのもいいですよ。植物は、根から吸収した水分を、葉から蒸散する性質があるため、観葉植物はインテリアとしてだけでなく、天然の加湿器としても有効です。また、濡れたタオルを数枚干すだけでも違ってきますよ。
 冬には欠かせない暖房器具による肌荒れを防ぐために、あなたなりに色々工夫をしてみてくださいね!

.

最終更新日:2016-03-10 10:17

コメント (0)