TOP

髪の紫外線対策してますか?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

髪の紫外線対策は、万全ですか。太陽の日差しが強くなる季節は、誰しも紫外線が気になりますよね。

「肌のUV対策は万全!」という方は、多いことと思います。同じように、「髪の毛の紫外線対策」に力を入れていらっしゃる方は、そんなに多くはないように感じますが、あなたはいかがでしょうか。

実は、肌よりも髪はより多くの紫外線を受けている事実を、ご存知でしたでしょうか。そこで、髪の日焼けと紫外線対策を、ご紹介しますので参考にされてみてくださいね。

<紫外線の種類>
ご存知の通り、肌や髪の日焼けの原因は、紫外線です。紫外線は、波長によってUV-A,UV-B,UV-Cに分けられます。このうちUV-Cは、オゾン層によって遮られるため、地上には届かないのです。よって、私たちが「UV」と呼んでいるのは、UV-AとUV-Bの二種類になります。

<二種類の紫外線の違い>
二種類の紫外線の違いですが、UV-A波は、肌が赤くなる「日焼け」を引き起こす波長です。UV-B波は体内の奥まで到達し、シミやシワを作る原因になります。

<紫外線が髪に及ぼす影響>
―切れ毛,枝毛―
髪の毛は、タンパク質で作られています。タンパク質は、アミノ酸のシステインという結合によって構成されています。

このシステインは、紫外線を受けることによって、結合が分解して髪の毛のキューティクルが剝がれます。この現象が、髪の毛の乾燥,切れ毛,枝毛を招くのです。

―退色―
髪の毛を黒くする色素、「メラニン」という言葉を、聞いたことがありますか。紫外線は、このメラニンをも分解してしまうのです。このような状態になると、髪は赤茶けたような色に変色してしまします。これが髪の毛の退色現象です。

<紫外線から髪を守るために>
あなたの大切な髪の毛を、紫外線から守るためには、UVカット効果のあるトリートメントや、髪用の日焼け止めを使うと効果的です。

髪のトリートメントを行いながらUVカットができるなんて、女性には非常に魅力的ですね!さらに帽子や日傘を使うと、髪の万全な紫外線対策が可能ですので、上手に活用してみてくださいね。

<日射量のピークと時間帯は?>

気象庁のデータによると、5月,7月~8月といわれています。5月は陽気な季節ですので、日光浴をしたいところですが、油断せずUVケアーが必要なのです。

また、一日のうちで紫外線量が一番多いのは、11:00~12:00といわれています。紫外線は、気温が一番高くなる14:00頃が、一番多いように捉えられがちですが、気温が高くなる前に紫外線量はピークを迎えるのです。

肌と同じくらい、髪のUVケアーが大切ですね。また可能であれば、紫外線が多い時間帯の外出は、できるだけ避けましょう!

.

最終更新日:2017-06-19 22:10

コメント (0)