TOP

年末の疲れにはこの食材のパワーに頼ろう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


年末の疲れを感じていませんか?

年末は、忘年会やクリスマスなど、気忙しさを感じやすいですよね。こんな時は、胃腸を始め体の疲れを、感じやすくなるものです。

「朝起きるのがつらい」「眠い」「体が重い」「疲れが取れない」などの症状が二日以上続く場合には、年末の疲れがたまっている可能性があるといわれています。

年末疲れを感じたら、即座に休むことがでいればいいのですが、そうもいっていられないのが大人の世界です。このような時には、食材のパワーを借りてみましょう!

<滋養強壮パワー>
家庭のキッチンに、必ずといって良いほどある食材が、「玉ねぎ」「にんにく」です。この二つの食材には、「アリシン」が多く含まれています。

アリシンは、ビタミンB1と結合すると、アリチアミンという元気の元となる成分ができます。因みに玉ねぎには、ビタミンB1 も含まれていますので、疲れの回復にはパワーを発揮しますし、おすすめですよ!

<クエン酸は疲労回復物質を分解!>
クエン酸といえば、レモンや梅干しに多く含まれていることは、周知のとおりですよね。クエン酸は、疲労物質の原因である乳酸を分解することで、疲れを軽減します。

寒い冬には、お湯にレモン汁を入れたホットレモンなら、手軽にクエン酸を摂取できますし、体を温めてくれるので一石二鳥です。

疲れを感じたら、酸味のあるグレープフルーツ,酢,梅干しなどを摂取して、手軽に疲れを取りたいものですね。

<免疫低下やストレスには高麗人参!?>
心身ともに疲れを感じた時には、高齢人参が強力な助っ人になってくれるのです。高齢人参は、弱った体の底上げをしてくれる、頼もしい存在です。

その理由は、性ホルモンに近いステロイドが含まれているので、男女問わず穏やかにホルモンの分泌を促して、免疫力を高めてくれることにあります。

近年、高麗人参はサプリメントを初め、お茶,濃縮エキスなど手軽に摂取することが、可能になりました。

また、高麗人参は、体の機能を正常化する作用を持つ植物「アダルトゲンハーブ」として、注目されている食品なのです!

年末は、些細なことで疲れを感じやすいものです。疲れが取れないと感じたら、生活スタイルに合わせて、あなたの食生活を工夫してみましょう。

少しの工夫で、健やかに気分よく、年末年始を迎えることができるのではないでしょうか。来るべき年が、元気に過ごせるように、年末の疲れは、今年中に取り除きたいものですね。

.

最終更新日:2017-12-25 22:22

コメント (0)