TOP

温泉に浸かる馬は、競走馬です!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


温泉に浸かる動物は、どのようなものを想像しますか。

あなたがよく知る、猿やカピバラでしょうか、それとも温泉に浸かることが知られていない動物でしょうか。

今回ご紹介するのは、私が一度見学したことがある、一風変わった温泉施設なんですよ。

温泉に浸かることは、人間や動物にとって、体が温められてリラックスできる場所ですよね。温泉は、疲れを癒やすため、湯治のために温泉を利用する人も多いかと思います。

動物も人間と同じで、動物も温泉で湯治をするのです。ご紹介するのは、JRA競走馬総合研究所常磐支所(福島県いわき市)です。

ここでは、馬が温泉で療養する姿を、見学することができるんですよ。ここでは、常時JRAに所属する25~30頭ほどの馬がリハビリを受けており、細長い専用風呂に入浴する馬が見られるのです。

この施設では、日曜と元旦以外は、毎日午前9時~午後5時まで、無料で見学を受け付けていますので、温泉に浸かる馬を見ることが可能です。

<馬も温泉好き!?>
こちらの施設の人の話では、1963年の開設と同時に、馬の温泉療養を始めたそうです。

最初、馬は細長い専用の浴槽入るのを嫌がるそうですが、1回温泉入浴を経験すると、温泉好きになるそうです。いつの間にか眠ってしまう馬も、多いといいます。

この現象は、人間と一緒ですね!

<温泉が馬に与える影響>
温泉による馬の治療効果については、血行を良くする、筋肉痛の解消といった肉体的な効果の他に、心拍数を下げる、つまりリラックスできるという精神的な効果も、科学的に証明されています。

リラックスするあまり、お湯を飲む馬もいるというから、驚きですよね。

ここは、温泉療養の他にも、水を張ったベルトコンベヤーに馬を載せて全身運動をさせる「ウォータートレッドミル」や、馬場の400メートルトラックでの調教など、いろいろなリハビリを見学できます。

他にはない、動物のひと味違った温泉入浴を見学したい人には、この施設はお勧めの場所です。

<見学の際には・・・>
JRA競走馬総合研究所常磐支所(福島県いわき市)は、見学可能な施設ですが、「馬の療養所」であるため、「見せもの」ではありません。

守衛所で受け付けを済ませたら、お見舞いに行くような気持ちで、静に見学しましょう!

日曜,祝日にも見学できますが、リハビリや運動は休みになっています。また、馬が外に出ないこともありますので、見学を希望される際には、平日に行くのが良いように感じます。

機会があったら、あなたも温泉に浸かる馬の姿を、見学してみてくださいね!

.

最終更新日:2018-02-13 17:26

コメント (0)