TOP

スポンサーKataribe

高齢者の夏バテ予防

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


高齢者の夏バテ予防には、どんなことが必要なのか、考えたことはありますか。

高齢者の体は、体温調節機能が著しく低下していますので、周囲の人が室内以外の温度調節をはじめ、水分補給などに配慮する必要があります。

高齢者の中には、根性で暑さを乗り切ろうと、汗をかきながら30℃以上の室内で頑張る人が多いと、聞いています。

高齢者が、室内で熱中症をおこすニュースを時折耳にしますが、涼しい環境で体を休めさせることは、非常に重要です。

<高齢者の夏バテ症状>
高齢者の夏バテ症状は、私達の夏バテ症状と変わりがありませんが、高齢者は自分の体調の変化に、気が付きにくくなっているんですよ。このことから、周囲の人が、高齢者の体調をこまめにチェックし、声がけをして体調変化を尋ねることが、大切になってきます。
―高齢者の熱中症症状―
高齢者の熱中症症状には、食欲減退,倦怠感,疲労感,立ちくらみ,むくみ,脱水症状,下痢,発熱などの症状が、挙げられます。

<高齢者の夏バテ原因>
高齢者に多いのが、脱水と暑さによる熱中症です。高齢者は、トイレに行くことを拒み、水分補給を控える傾向にあります。

また、若かりし頃と同じように、「夏は暑いものだ」と思い込んで、エアコンを使わずに過ごしていることに、原因があります。

さらに食が細くなり、三食の食事だけでは、栄養不足が起こることがしばしばあるのが、高齢者の特徴です。

<高齢者にとって命取りとは!?>
高齢者にとって夏の食欲不振が、命取りの大きな要因です。高齢者は、体力のある若者とは違い、食欲不振が衰弱の一因になるのです。

―間食を補食として考える発想―
食事量が多く取れない場合には、一食の量を抑えながらも、質(内容)を工夫する必要が出てきます。

例えば、タンパク質,ミネラル,ビタミンなどの、バランスのとれた食事を心掛けたり、間食の時間を活用して、水分補給となる食事(果物)などを取り入れる工夫が、必要になってくるように感じます。

このようにすることで、三食の食事では食べきれない食品や栄養素を、間食を上手に利用することで、食事の面でカバーすることが可能です。

―室内の温度を上げない工夫を!―
エアコンの嫌いな高齢者のために、室内の温度を上げない工夫をすることで、エアコンの稼働時間を短くしたり、エアコンの温度設定を下げすぎない工夫が可能です。

例えば、葦簀を下げたり、カーテンを閉めて外部からの熱を遮断することが可能です。植物好きのお年寄りであれば、グリーンカーテンを作るのも心を和ませるうえで、大切なことです。

高齢者が夏バテせずに過ごすためには、若い頃とは違い、目配り気配りなど様々な配慮が重要ですね。

.

最終更新日:2017-08-20 14:37

コメント (0)