TOP

スポンサーKataribe

大量の花粉は衣服にも!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


 花粉が飛散するシーズンになると、花粉症で困っていらっしゃるマスク姿の方を、多く見かけます。

 日本アレルギー学会に報告されたデーターによると、花粉のシーズンに外出すると、1時間外を歩いただけで数万個の花粉が、衣服に付くといわれています。その数は衣類1着あたり、ウールで7~9万個,綿シャツでは2~3万個という驚異的な数値が出ています。

<花粉は払つても落ちにくい!?>

 大手研究所のデーターによると、衣服が濡れた状態で花粉が付着した場合、衣服が乾いた後で花粉を払っても、80%の花粉は付着したままだといいます。また、乾燥した衣服に花粉が付着した場合、手で払っても15%程の花粉が残るそうです。このことから花粉は、外出先からの人の出入りや、外に干した衣類や布団を室内に取り込んだ際に、容易に室内へ侵入してくることが分かります。

 室内に持ち込まれた花粉によって、不快な症状を軽減するために、衣服の花粉対策も大切ですね。そこで、衣服に花粉を付着させない効果的な対策とお勧めアイテムを一挙尾紹介します!

<衣服に付着した花粉を減らす方法>

- 花粉が付着しにくい素材の衣服を選びましょう! -
 花粉の付着を防ぐため、衣服の表面が滑らかなものを選びましょう!静電気が発生しやすい時期や衣服の素材は、花粉が付着しやすくなりますので、注意が必要です。

- 静電防止スプレーを利用しましょう! -
 近年、衣服の静電気を防止するスプレーが、多く販売されています。花粉が飛散する時期や乾燥時期には、外出前に衣服にスプレーをしておくと効果を発揮しますよ!

- 衣服の室内干しと柔軟剤のすすめ -
 花粉を付着させないために、衣服の室内干しをお勧めします。室内干しをすると、雑菌繁殖によって起こる生臭さが避けられません。そこで、積極的に使っていただきたいアイテムが、柔軟剤です。

 柔軟剤には、生乾き臭を押さえる働きと、静電気防止の効果がありますので、上手に取り入れてみてくださいね。柔軟剤の匂いは、衣服を着た際に嗅ぐことになりますので、購入時に好みの香りがするものを選びましょう!

<花粉を落とす・飛散させない!>

 衣服に付着した花粉は、落とすことが大切です。衣服の生地を傷めないように、粘着テープ(通称コロコロ)や掃除機を使って、花粉を一気に落としましょう!また、花粉の飛散を抑える消臭剤も、販売されています。生活の工夫や花粉対策グッズを活用して、不快なシーズンを楽しみながら過ごしたいものですね。

 花粉症対策を、簡単に実践できる衣服の面から、試してみましょう!

.

最終更新日:2017-02-09 10:30

コメント (0)