TOP

スポンサー健康ネット

脳梗塞予防には、コーヒーを飲もう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


 脳梗塞予防に良いとされているものや、健康法は色々ありますが、脳梗塞に良いとされるものといったら、あなたはどのようなことを、思い浮かべますか?

 水分を取ることや血圧を上げないことなど、数え上げればきりがありませんね。さて、今回私がご紹介したいのは、脳梗塞予防に効果的な飲み物、「コーヒー」です。

 コーヒー!?と、思われたかもしれませんが、コーヒーには悪玉コレステロールを抑える働きがあって、血栓予防に効果を発揮してくれる、非常に優れた飲み物なのです!

 コーヒーというと、カフェインが含まれているため、体には良くないイメージがありますが、抗菌作用があるのです。また、ワインと同等のポリフェノールが含まれていて、緑茶の2倍ともいわれているのです。このようにコーヒーには、ポリフェノールが多く含まれているため、若返り効果も期待できるのですよ!

 コーヒーを飲むことで、肥満や血栓予防を始め、生活習慣病を抑える効果が期待できることから、コーヒーは今、注目の飲み物なのです!

 血栓といえば、血栓ができた場所、例えば脳の血管にできた場合には脳梗塞、心臓にできた場合には、心筋梗塞というように、病名が変わることを、あなたはご存知でしょうか。

 脳梗塞を始めとする血栓症は、命にかかわる重篤な病の一つです。致命的な病を回避するためにも、日頃から楽しみながらできる範囲で、生活習慣病を回避したいものですね。

 ここで、脳梗塞を防ぐ、効果的なコーヒーの飲み方を、ご紹介しますね。

 <脳梗塞を防ぐ、効果的なコーヒーの飲み方>
 
 コーヒーは、インスタントのもの、豆から抽出したものとでは、成分的には変わりがないとされています。

 脳梗塞を防ぐには、「一日3杯コーヒーを飲むと良い」とされているんですよ!ここで重要なのが、コーヒーはブラックで飲むことです。ミルクや砂糖を入れたコーヒーを、一日3杯飲んでしまっては、脂肪や糖分の取り過ぎになってしましますので、お気を付けくださいね。

 コーヒーには、覚醒効果がありますので、食後や仕事の合間のブレイクタイムに、飲むのがお勧めです。

 コーヒーの効能は、覚醒効果やリラックス効果など、多くありますが、最近の研究で、「血栓を予防して生活習慣病を防ぐ」ことが分かってきました。

 コーヒーは、私たちにとって身近で、手軽に飲める飲み物です。楽しみながら、脳梗塞予防を行い、健康寿命を延ばして、いつまでも若々しく年を重ねたいものですね!

 今日からあなたも、脳梗塞予防に効果のあるコーヒーを片手に持って、ブレイクタイムを楽しんでくださいね!

.

最終更新日:2015-11-22 19:17

コメント (0)