TOP

サラダカレー丼は、変身コラボカレー!?

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

 カレーライスが、家庭料理として普及しはじめたのは大正時代で、現在のように「カレールー」が存在していなかったため、小麦粉とカレー粉を、バター等で炒めてカレールを作っていたのです。これをスープで伸ばして、カレーソースを作っていました。カレールーが登場するまでは、手間のかかる料理だったのですね。

 最近では、小泉元首相も愛して止まない、「サラダカレー丼」が、ちまたでは密かなブームになっているとか・・・。

 私が提案するのは、「絶品・簡単ツナカレー」と、「さっぱりたこサラダ」がコラボした、「絶品!サラダカレー丼」です。

◆絶品・簡単ツナカレー(2人分)

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ツナ缶        80(g)
たまねぎ       1/2(個)
にんにく       1(かけ)
きのこ類       100(g)前後
油          大匙1(杯)
カレールー      40(g)
水          250(g)
粉チーズ       小匙1/2(杯)

1 ツナ缶の油は軽く切り、たまねぎは、4等分のくし切りにします。きのこ類は、石突きを切り落とし、にんにくは、みじん切りにして、フライパンに油を敷き、炒めます。

2 ツナ,たまねぎ,きのこ類,水,カレールー,粉チーズを入れます。

◆さっぱりたこマリネ(2人分)

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


きゅうり          2(本)前後
たこ            40(g)
トマト           1/2(個)

◆マリネ液
オリーブ油         大匙1と1/2(杯)
レモン汁          大匙1/2(杯)
塩・胡椒・砂糖       少々

1 材料は一口大に切り、マリネ液と材料と混ぜ合わせます。

◆トッピング野菜(2人分)
サニーレタス            2~3(枚)
さつま芋              薄切り2(枚)
南瓜                薄切り2(枚)
じゃが芋              1/2(個)
人参                1/4(本)

1 サニーレタス,じゃが芋,人参は、一口大に切ります。さつま芋と南瓜は、薄くスライスします。

2 サニーレタス以外の野菜を、ラップに包み、レンジで温めます。

◆ツナとたこマリネの、絶品!サラダカレー丼

1 丼に、ご飯→「絶品・簡単ツナカレー」→サニーレタス→「さっぱりたこマリネ」→トッピング野菜を乗ます。

 一つの丼で二度美味しい、サラダカレー丼。あなたのアイディアと、料理の腕前を、丼というキャンパスに、自由に表現してみましょう!

ハウス食品からの新提案!もっとカレーを楽しもう! [PR]

.

最終更新日:2015-10-12 14:51

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)