TOP

スポンサーKataribe

お盆には盆灯篭(盆提灯)を飾ろう!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

お盆が近付くと、仏壇店の店内には、美しい柄の盆灯篭(盆提灯)を目にすることがあります。

盆灯篭は、伝統工芸品の一つということを、ご存知でしょうか。

今回はお盆について、伝統工芸品の一つである盆灯篭に的を絞って、ご紹介しますので、お盆準備の参考にされてくださいね。

<お盆になぜ盆灯篭を飾るの?>
お盆に盆灯篭を飾る理由は、先祖や故人の霊が迷わず帰って来る目印として、飾るんですよ。一言でいうと、お盆の迎え火や送り火の役目をしているのが、盆提灯なのです。

また盆灯篭は、故人の冥福を祈るとともに、感謝の気持ちを込めた盆供養を、灯篭で現しているんですよ。

<盆灯篭を購入する前に知っておきましょう!>
故人の死後、49日の忌明けを過ぎてから初めてお盆を迎えるお盆を、初盆・新盆といいます。この初盆・新盆を迎える家へ、親戚や故人と親しかった方が、盆灯篭を送る風習は、昔から存在して、最高の供養とされています。

盆灯篭は、絵柄の入ったもが一般的とされて、一対で贈るのが正式です。お盆に盆灯篭を贈る場合、相手先のお盆準備もあるので、早めに贈りたいですね。

盆灯篭の価格帯は、大きさや素材によって価格が違ってきますので、相手先の関係と予算に合わせて盆灯篭を選ぶのが、無難ですね。

<盆灯篭について>
日本には色々な宗教がありますが、盆灯篭は宗教による違いが存在しないんですよ。盆灯篭を選ぶ際には、好みの盆灯篭を選ぶと良いですよ。

盆灯篭には、吊るすタイプの御所灯篭や、置き型タイプの回転灯篭などの2種類のタイプがあります。どちらの盆灯篭も、盆供養と感謝という意味では、同じです。

初盆・新盆の場合は、普通の絵柄の入った盆灯篭の他に、初盆・新盆用の白灯篭を飾ります。

白盆灯篭は、初めて帰って来る霊が迷わないための目印となります。よって、白盆提灯を飾るのは、初盆・新盆の時だけですので、お盆が終わったら処分しましょう。

お盆は、先祖供養の儀式の一つで、先祖の霊があの世から帰って来て、家族と共に過ごし、再びあの世に帰っていくという日本古来の行事です。

お盆は、地域によって時期が異なりますが、多くの地域は8月13日~16日ですね。13日に迎え火で先祖や故人の霊を迎え、16日に送り火で送るのが一般的です。

今年のお盆には、盆灯篭を出して、先祖への感謝を盆灯篭という形で表現してみましょう!

.

最終更新日:2017-08-12 11:50

コメント (0)